医療では薬は必要最小限に抑えるものです。

私が医療で大切に思っているのは、薬に頼りすぎないと言う事です。
治療の為には絶対に必要な薬だったり、痛みや症状を和らげる薬は必要ですが、それらも必要最小限にするべきでしょう。
薬は体に様々な効果が得られますが、それだけに負担も大きな物です。
薬を内臓で分解するのには大きな力が必要ですし、長期服用で内臓が疲弊して別の病気になったり、副作用の心配も有ります。
薬は医療で重要な物ですが、それだけに適切な使用で必要最小限で抑えるべきでしょう。
名医は多くの薬は出しません。
患者の体の負担を考えて少ない薬で治療を考える医師の方が、患者の事をよく考えています。
安易に薬に頼る治療は行わない方針の病院を探してみてください。
治療は医師と患者との信頼関係が必要です。
信頼できる医師か、信頼出来る病院かを判断する時には、どんな薬を出すかを見てください。
治療方針と薬に関してしっかりと説明をし、患者の事を考えている病院がベストです。